loserの将棋blog

将棋専門ブログです。棋力向上を図ります。

【棒銀戦法】初心者にオススメの戦法とは?

こんばんは~

それでは、今日も元気に楽しく将棋という最高なゲームを探究していきましょう!!

将棋という名の宇宙にレッツゴー!(テンション高め)

今回の記事は初心者から級位者向けの内容になります。

とはいえ、低段者くらいの方が読んでもためになるよう心掛けて書きますので、是非最後まで読んでくれると幸いです。

 

オススメの戦法

皆さんは得意戦法はありますか?

筋違い角、早く繰り銀、相がかり、棒銀、右四間飛車ゴキゲン中飛車などなど、、、

将棋には多くの魅力的な戦法があり、初心者は何の戦法を使えばいいのか迷うかと思います。

数多くある戦法の中で私は初心者には棒銀を強くオススメします!!

「え~棒銀?ダサい~レグスペとかかっこいいのがいい」

という声も聞こえてきそうですが、最初は棒銀で基本的な攻めの感覚を身に着け、あの快感を知って欲しいです(*‘∀‘)

「そもそも私は生粋の振り飛車党だ!」という方も何度か棒銀を使ってみて欲しいと思います。

先程、基本的な攻めの感覚と言いましたが、棒銀は基本的に数の攻めであり、これは将棋の攻めの基本中の基本であり、この数の攻めを上手く使えるようになればすぐに初段にはなれるかと思います!

実際、私は棒銀と矢倉ばかり指して初段になりました。(将棋ウォーズですが(;'∀'))

 

棒銀の指し方

それでは棒銀のやり方を説明させていただきます。

まず、基本的に下の画像のように銀を飛車先から繰り出して2三の地点の突破を目指します!!

f:id:loser_s:20181208232754j:image

画像のような形になれば、もう先手の圧倒的優勢です。

その理由は、画像の局面から2四歩、同歩、同銀、2三歩打、同銀成、同金、同飛車成と進むことは避けられず、龍を作ることができ先手の圧倒的優勢といえるでしょう。

厳密には、2三歩打のところを3四歩と指す手がありますが、それでも先手の優勢は間違いないでしょう。

この攻めが成立する前提として先手の2三の地点への攻めの数が上回っているということが挙げられます。

2三の地点への利きが後手は金だけなのに対し、先手は銀と飛車の2枚が利いています。

これです!!これが数の攻めです!!!

画像の後手は先手の棒銀に対して何も対策を講じていませんが、対策されたとしても基本的に数を足して攻めれば成立します。(主に角とか使って)

数で上回り、見事龍を作ることができた時の快感は最高です!!!

是非、試してみてください!

 

お知らせ

この将棋ブログですが、今後は2日に1回の更新にしようと思います。

仕事の都合等で更新が遅れることもあるかもしれませんが、なるべく2日に1回は更新しようと思いますので、よろしくお願いいたします。

土日とかは連続で投稿できたらなぁと考えています(*^▽^*)

 

それでは、また次回お会いしましょう(*^^*)

おやすみ~

 

※このページで使用されている画像は、当ブログの筆者が撮影したものであり、画像の無断転載・配布は禁止いたします。