loserの将棋blog

将棋専門ブログです。棋力向上を図ります。

【ニュース】令和初の名人爆誕!!!!!

どうも、こんばんは!

やっと、休日がやってきてホッとしている将棋しか友達がいないloserです。

もっと前にブログを更新したかったのですが、仕事が非常に忙しく今日まで余裕がありませんでした(´;ω;`)

将棋をやりたい欲が半端なかったです( `ー´)ノ

そういえば、今日将棋界ではビッグニュースがありましたね(*^^*)

 

 

豊島二冠が名人獲得で三冠に!!!

圧倒的な強さで4連勝して本日、豊島名人が誕生しました!(^^)!

これで名人、王位、棋聖の三冠になりました。ちなみに史上9人目の三冠のようです。

豊島三冠は飛びぬけた実力がありながらもなかなかタイトルが取れず、大一番に弱い印象がどこかありました。

しかし、去年、あの羽生善治から棋聖を奪取してからはその印象はなくなり、さらに強くなった気がします。

将棋の技術だけでなく、精神が強くなったような気がします。

(どの立場で話してんだこいつ、、、(笑))

 

ということで本日は名人戦をばちこりと解説していきます。

 

、、、と言いたいところなんですが、名人戦棋譜は何かの会員にならないと見れないのでやめておきます。

 

 

ヒューリック杯棋聖戦

ほんの少し前までタイトル保持者が綺麗にばらけており、群雄割拠の状態でしたが、豊島三冠が一人抜けした感じです。

 

いや、、、渡辺二冠がいる!!!!!

 

そう、実はもうじき棋聖戦(正式名称はヒューリック杯棋聖戦)が始まるのです!!!

そこで渡辺二冠がもしタイトルを奪取することになれば、渡辺三冠、豊島二冠となるのです。

まさに頂上対決!!(/・ω・)/

楽しみすぎる~~~(#^^#)

 

確か第1局は6月4日(火)なので、みなさんも是非観戦しましょう(*^^*)

あ~、仕事休んで観戦したい(; ・`д・´)

 

 

前回の次の一手の解答

はい、それでは一旦落ち着いて前回の次の一手の解答を発表したいと思います。

 

正解は4五銀です!

 

まあ、次の一手っぽい手といったらこれくらいしかないですよね(^_^;)

この銀ですが、後手が同金と取ってしまうと3二飛車成と飛車をボロッと取れてしまい先手の必勝になります。

同歩も1一角成で先手がはっきり優勢となります。

そこで後手は3五歩と打つくらいしかありませんが、以下3四銀、同飛車、2五金、3二飛車、3五金としてじっくり攻めて先手有利です。

後手は歩切れとなり、攻めに転じづらくかなりつらいです。

 

 

今回の次の一手

それでは、今回の次の一手の出題です(*^^*)

いつも通り、私の将棋クエストで現われた局面からの出題となります。

下の画像の局面は後手が5二香車と打ち、防御した局面となります。

ここで素晴らしく、美しい決め手があります!!

 

f:id:loser_s:20190518003547j:image

(将棋盤が欲しいよ~(:_;))

 

 

 

ヒント:この次の一手で必至になります。

 

 

それでは今日はここまでということで、次回解答を発表します!

それではみなさん、良い休日を~

おやすみ~(-_-)zzz

 

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。

 

 

【限界突破】有段者が強くなる方法

loserは決して誰とも群れない。組まない。対立しない。争わない。

肩書なんて気にしていない。

だけど、自然と強者を惹きつける。

 

なぜなら、強いから。

 

 

どうも、お久しぶりです(^_^;)

将棋クエストでもうじき七段になりそうなloserです。(ユーザー名:ajiatja)

最近、金欠が非常にひどくブログを更新することができませんでした(;_:)

(誰も待っていない件、、、)

しかし、金欠でこれだけ追い込まれても将棋クエストや将棋ウォーズで将棋をしてしまうあたり、自分にはやっぱり将棋しかないんだなぁと実感することができました。

そして、もう一つのある変化に気づきました。

それは、、、

 

強くなってる?!

 

そう、私は強くなっていました。

 

金銭的に追い込まれ、極度の空腹により集中力が極限まで上がり、また死の淵を見たことにより、自分の中で何かが変わりました。

 

 

有段者が強くなる方法

将棋が強くなる方法、それは地獄を一度潜り抜けてしまうことなのかもしれません。

元々私は寝る間も惜しみ、詰将棋や対局をしまくり強くなりました。

地獄を越えること。限界を超えること。

ある程度強くなったらその先に行くには、これらのことが必要なのかもしれません。

 

 

今後について

今回、1カ月以上もの間が空いてしまいましたが、これからは最低でも週1で更新していきたいと思います。

できれば、週3くらいで更新したいのですが(^_^;)

仕事があるのでなかなか難しい( ;∀;)

(だから誰も待ってないって)

 

 

前回の実戦詰将棋の解答

解答の発表が大変遅くなってしまいました。申し訳ございませんm(__)m

それでは、早速解答の発表です。

 

2三銀、3三玉、3二金、2四玉、3四馬、1五玉、1六馬、2四玉、3四銀成、1四玉、2六桂馬まで

 

手数は11手と少し長いですが、難しい手が一つもなくかなり簡単だったかと思います。

初手で上に逃げられることを恐れず、銀を打てるかが全てです。

詰将棋で出されると簡単ですが、実戦の時間のない中ではなかなかできなくなってしまうものです(^_^;)

詰将棋はなるべく毎日解いて、読みのスピードを上げていきましょう!!

 

 

次の一手

それでは今回の出題は、私の将棋クエストの熱戦で出てきた局面から出題したいと思います。

下の画像の局面は後手が3四金と歩を取った局面になります。

次の先手の一手を当ててみてください。

 

f:id:loser_s:20190509212957j:image

 

ヒント:今相手は穴熊の金が離れており、攻めるなら今が絶好のチャンスです!!!

 

 

それでは解答は次回ということで今日はここまでとします。

明日いけば休日だ~(^O^)/

おやすみ~(-_-)zzz

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。

 

 

【解説】NHK杯決勝&実戦詰将棋

すべての駒は道具でしかない。過程は関係ない。

どんなに駒損しようと構わない。将棋は勝つことが全てだ。

最後に、先に、王を詰ませていれさえすれば、それでいい。

 

どーも、なんとか次の仕事場が見つかって一安心している将棋大好きloserです。

4月から働ける場所が見つかったので将棋ブログやっていきたいと思います(^^)

これからは更新頻度を前と同じくらいに戻していきたいと思いますので、よろしくお願いしますm(__)m

 

今回は前回の記事でも触れました第68回NHK杯テレビ将棋トーナメント決勝の羽生九段対郷田九段の将棋を解説していきたいと思います。

それでは見ていきましょう(*^^*)

 

決勝の棋譜ですが、「NHK杯囲碁と将棋」のホームページから誰でも見ることができますで、是非見てみてください。

羽生九段の先手でプロの対局では非常に多い角換わりとなりましたね。

今回の角換わりは、後手から角を交換する後手番一手損角換わり(通称:一手損角換わり)となりました。

しかも、4八金型対6三金型の最新系の角換わりとなりました。

後手番一手損角換わりは難易度の高い戦法であり、初心者にはオススメできませんが、とても奥深く面白いです!(^^)!

 

この将棋で私が一番興味深いと思った手は53手目に羽生九段が放った4三歩です!!

(下の画像参照)

f:id:loser_s:20190330131022j:image

 

 

この手は良し悪しは置いといて、相手に考えさせる、悩ませる手だと思いました。

持ち時間の短いNHK杯においては非常に有力だと感じました。

自然に指すなら同銀ですが、以下4五歩、3三銀、6五銀、同歩、5五桂で先手が一本取った形になります。(下の画像参照)

f:id:loser_s:20190330131034j:image

 

うーん、たしかに一本取った感じではありますが、先手は歩切れなので優勢とまでは言えない気がします(^_^;)

ですので、もしかしたら先手は6五銀と桂馬を取らずに6六歩とじっくり指すかもしれません。

しかし、後手は7三歩と打つ手がありますので簡単には先手が良くなりません。

 

本譜では4三歩に対し、4七歩と打ち最後まで歩を取りませんでしたが、同銀と取る手はあったかなぁと私は思います。(異論は大いに認める)

 

 

実戦詰将棋

さてさて今回は、詰将棋を出題したいと思います(*^▽^*)

下の画像の局面は私の将棋クエストの対局で現れた局面となっております。

先手の手番で、実は即詰めがあります!!!

手数はちょっと長いですが、簡単なのでヒントはなしで考えてみてください。

 

f:id:loser_s:20190330131039j:image

 

それでは解答はいつも通り次回ということで、今日はこのへんで(^O^)/

また会いましょう(*^^*)

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。