loserの将棋blog

将棋専門ブログです。棋力向上を図ります。

【勉強法】負けると強くなる?

勝てなければ、調べ尽せばいい。

相手を分析し、調べ上げ、研究し尽くし、備えればいい。

 

こんばんは!

今日も元気いっぱい将棋を楽しんでいる将棋しかないloserです(/・ω・)/

またまた更新が滞ってしまい大変申し訳ございませんm(__)m

(だから、誰も待ってないってw)

仕事の方というか、生活が厳しくなかなか更新する時間が取れませんでした(:_;)

何分、圧倒的低収入に加え、賞与がゼロでして、、、( ;∀;)

今後は最低でも週一で更新、、、(その言葉何回目だよ)

 

 

負けを活かす勉強法

さて、言い訳はこれくらいにして今回もやっていこうと思います!(^^)!

今回は、私がよくやるオススメの勉強法を紹介いたします!

級位者でも有段者でも効果抜群の勉強法です( ゚Д゚)

 

もったいぶらずに言うと、冒頭の言葉です(笑)

 

負けた対局を分析し、どこが悪かったのか、どうすれば良かったのかを徹底的に洗い出す!!!!!

 

「はぁ?普通じゃん。何をさもすごいことみたいに言ってんだか"(-""-)"」

 

このように思われた方もいるかと思いますが、なかなか対局したらそれっきりという人は多いかと思います。

特にリアルの対局ではないネット将棋なんかは指したら指しっぱなしという人が多いのではないでしょうか?

 

24やウォーズ、クエストなんかでも自分とよくあたる対戦相手っていませんか?

よく対戦する相手で自分と同じくらいまたはちょっと強い人を勝手にライバルにしてしまいましょう(笑)

 

そして、その人との対局を徹底的に分析しましょう。

勝った対局でもいいですが、負けた対局の方が断然勉強しやすくオススメです!

(負けた対局を何度も並べるのはつらいものがありますが、、、)

 

今の時代は強い人に聞かなくても、将棋ソフトが発達しているので分析、研究もしやすいかと思います。

しかし、ここで注意してほしいことがあります。

 

まずは自分でどこが悪かったのか、どのように指せばよかったのかをじっくり考えましょう!!!

 

これがすごく大事です!

自分で考える力、読む力、はたまた精神力までも身に付きます。

 

すぐにソフトに頼るのは個人的に良くないかと思います。

(ちなみに私は、お金がなく将棋ソフトを利用したことがありません(´;ω;`))

 

ちょっと長くなったので、将棋ソフトを使った勉強法の危険性については次回お話したいと思います。

(ソフト使ったことのないお前が語るんかい)

 

 

前回の次の一手の解答

大変長らくお待たせしました(;'∀')

前回の解答を発表します!

 

正解は4四歩です!

 

以下2一銀4五銀と進み、2四飛車を狙います!

角は助からないので見捨てます。

下手に同角と銀を取って、同飛車となり相手に飛車を使わせるよりも2一銀とさせて銀を戦いの場から遠ざけさせ、中央の利を取った方が良いです。

ちなみに、4三歩でもいいのではないかと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、4三歩だと2四飛車とした時に後手に3三角打ちがあり、微妙かと考えます。

 

 

今回の次の一手

今回も私の将棋クエストの対局から少しアレンジして出題させていただきます(^-^)

下の画像の局面は、後手が3五歩として角の活用を図ったところです。

次の先手の一手を予想してみてください。

 

f:id:loser_s:20190623212503j:image

 

今回はヒントはナシで(;'∀')

難易度は不明です(笑)

 

それでは解答は次回ということで、また近いうちに会いましょう!(^^)!

おやすみ~(=^・^=)

 

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。

 

将棋で勝つということ

「駒達よ、お前達はよく戦った。

おかげで俺はここまで辿り着くことができた。」

 

勝つためには、時に冷酷で残酷な決断をしなくてはならない。

今までの犠牲を無駄にしないためにも。

 

「駒達よ、夢を諦めて勝利のために命を捧げてくれ。

相手の駒を地獄に導け。

相手の玉は俺が詰ます。」

 

 

どうも、勝つことに飢えている将棋を誰よりも深く愛しているloserです。

今回は、将棋で勝つということはどういうことなのかを解説していきたいと思います。

 

 

何かを得るためには何かを犠牲にしなくてはならない

まず、下の画像の局面を見てみてください。

この局面は私の将棋クエストの対局で現れた局面です。

 

f:id:loser_s:20190525162148j:image

 

この局面は、後手が4九銀と打ち両取りにした局面となっております。

非常に興味深い局面です。

 

この局面で瞬時に飛車を見捨てて、5五銀という考えに至れば有段者の力があるかと思います。

 

ここで級位者だと飛車を逃げたくなってしまい、6八飛車としてしまうかもしれませんが、駄目です(+_+)

6八飛車は、以下3八銀成り、同飛車、5六銀で2枚替えとなってしまい、後手が得をした結果になります。

(まあ、それでも先手は角2枚銀1枚持っているので局面自体は互角くらいですが)

 

ここは、両取り逃げるべからずという格言にもある通り、飛車を逃げずに5五銀とする方が良いです。

(ちなみに5五銀の後、5八銀成、同金で5六飛車の両取りがありますが、先手はいつでも4四角と打つことができるので大丈夫です)

 

初心者や級位者は大駒を大事にしたり、駒損を過剰に嫌ったりするあまりかえって不利になってしまいがちです。

 

常に何かを捨てることで、有利になる道がないかを考えてほしいです。

 

将棋で勝つということは、つまるところ、駒の命を犠牲にして利するということ。

その犠牲を積み重ね、積み重ね、何度も死を繰り返し、その先に勝利がある。

綺麗な世界ではないです。

 

残酷でどこまでも奥深いゲーム

 

それが将棋

 

前回の次の一手の解答

はい、それでは前回の次の一手の解答の時間です(*^▽^*)

早速、解答を発表します!

 

正解は7一銀です!

 

この美しい銀打ちで必至となります。

簡単すぎましたかね(^_^;)

この銀を同金と取ると、4二金、6二玉(6一玉)、5二金までです。

 

 

今回の次の一手

今回の次の一手も、いつも通り私の将棋クエストで出現した局面からの出題となります(*^^*)

下の画像の局面は、後手が3二銀と引いて角取りかつ飛車道を通した局面です。

ピンチです(≧▽≦)

 

f:id:loser_s:20190525165232j:image

 

今回は少し難し目です( ゚Д゚)

というか色々考えられる局面となっております。

 

ヒント:今回の記事の内容です(笑)

 

それでは、また会いましょう~

ばいちゃー(/・ω・)/

 

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。

 

 

【ニュース】令和初の名人爆誕!!!!!

どうも、こんばんは!

やっと、休日がやってきてホッとしている将棋しか友達がいないloserです。

もっと前にブログを更新したかったのですが、仕事が非常に忙しく今日まで余裕がありませんでした(´;ω;`)

将棋をやりたい欲が半端なかったです( `ー´)ノ

そういえば、今日将棋界ではビッグニュースがありましたね(*^^*)

 

 

豊島二冠が名人獲得で三冠に!!!

圧倒的な強さで4連勝して本日、豊島名人が誕生しました!(^^)!

これで名人、王位、棋聖の三冠になりました。ちなみに史上9人目の三冠のようです。

豊島三冠は飛びぬけた実力がありながらもなかなかタイトルが取れず、大一番に弱い印象がどこかありました。

しかし、去年、あの羽生善治から棋聖を奪取してからはその印象はなくなり、さらに強くなった気がします。

将棋の技術だけでなく、精神が強くなったような気がします。

(どの立場で話してんだこいつ、、、(笑))

 

ということで本日は名人戦をばちこりと解説していきます。

 

、、、と言いたいところなんですが、名人戦棋譜は何かの会員にならないと見れないのでやめておきます。

 

 

ヒューリック杯棋聖戦

ほんの少し前までタイトル保持者が綺麗にばらけており、群雄割拠の状態でしたが、豊島三冠が一人抜けした感じです。

 

いや、、、渡辺二冠がいる!!!!!

 

そう、実はもうじき棋聖戦(正式名称はヒューリック杯棋聖戦)が始まるのです!!!

そこで渡辺二冠がもしタイトルを奪取することになれば、渡辺三冠、豊島二冠となるのです。

まさに頂上対決!!(/・ω・)/

楽しみすぎる~~~(#^^#)

 

確か第1局は6月4日(火)なので、みなさんも是非観戦しましょう(*^^*)

あ~、仕事休んで観戦したい(; ・`д・´)

 

 

前回の次の一手の解答

はい、それでは一旦落ち着いて前回の次の一手の解答を発表したいと思います。

 

正解は4五銀です!

 

まあ、次の一手っぽい手といったらこれくらいしかないですよね(^_^;)

この銀ですが、後手が同金と取ってしまうと3二飛車成と飛車をボロッと取れてしまい先手の必勝になります。

同歩も1一角成で先手がはっきり優勢となります。

そこで後手は3五歩と打つくらいしかありませんが、以下3四銀、同飛車、2五金、3二飛車、3五金としてじっくり攻めて先手有利です。

後手は歩切れとなり、攻めに転じづらくかなりつらいです。

 

 

今回の次の一手

それでは、今回の次の一手の出題です(*^^*)

いつも通り、私の将棋クエストで現われた局面からの出題となります。

下の画像の局面は後手が5二香車と打ち、防御した局面となります。

ここで素晴らしく、美しい決め手があります!!

 

f:id:loser_s:20190518003547j:image

(将棋盤が欲しいよ~(:_;))

 

 

 

ヒント:この次の一手で必至になります。

 

 

それでは今日はここまでということで、次回解答を発表します!

それではみなさん、良い休日を~

おやすみ~(-_-)zzz

 

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。