loserの将棋blog

将棋専門ブログです。棋力向上を図ります。

loserの新春将棋杯

皆様にご報告があります。

私事ではありますが、内定を一ついただくことができました(*^^)v

少し余裕はできましたが、まだ就活を続けたいと思いますので、これからも気を引き締めて頑張りたいと思います!

 

 

loserの新春将棋杯

下の画像の通り、お正月杯から何とか2200に到達することができました(;'∀')

 

f:id:loser_s:20200111203142j:image

 (2020年1月11日現在の画像)

 

とにもかくにも、新年早々おめでたいことがありましたので、loserの新春将棋杯を開催したいと思います!!!(*^^*)

【loserの新春将棋杯】
日 時 令和2年1月13日月曜日(祝) 14時00分開始
場 所 将棋クエスト2分切れ負け
主 旨 私ことajiatjaがレート2250になるまで指し続けるといった主旨です。

 

是非、スナイプして対局していただけると嬉しいです(^^)/

スナイプしなくても観戦や同じ時間帯に将棋をしたり、みんなで将棋を楽しみましょう!!! 

 

 

前回の次の一手の解答

前回の次の一手の解答を発表します!!

かなり簡単だったかと思います。

 

答えは、2四歩です!

 

以下同歩、2三歩、同金or同玉なら1五桂馬で先手よし。

2三歩に2一玉or3一玉は2二銀、同金、同歩成、同玉、2三歩で先手優勢。

2三歩に1二玉が一番厄介ですが、4一馬くらいで先手がいいでしょう。

 

歩が三枚もあるのは大きいです。

場合によっては2四馬と歩を取り、自陣に馬を利かすのもアリです。

いずれにせよ、2四歩はいきなり相手玉に迫ることができる強手です。

 

 

今回の次の一手

それでは今回の次の一手の問題を見てみましょう!(^^)!

いつも通り、私の将棋クエストの対局からの出題となります。

下の画像の局面は後手が2八飛車と打ってきた局面です。

すでに先手優勢ですが、リードを広げましょう。

 

f:id:loser_s:20200111203200j:image

※対戦相手のユーザー名及びアイコンは見えないよう塗り潰しております。

 

 

ヒントは簡単なのでナシです(笑)

 

 

それでは将棋クエストをやっている方は明後日、

それ以外の方は次回お会いしましょう(*'▽')

おやすみ~(-。-)y-゜゜゜

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。

【お正月杯】棋力を戻す方法

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いしますm(__)m

 

「おじさん、どんだけ更新しないんだよ」といった声が聞こえてきそうですが、本当に申し訳ございません(;'∀')

私事ではありますが、実は3月末で今の職場を辞めることになりまして、絶賛就活中でございます。

正社員になるべく奮闘中です。

今後の更新頻度ですが、次の職場が見つかり次第、更新頻度を上げていきたいと思いますので、今後も何卒よろしくお願いします!!!

 

 

 

お正月杯

とにかく下の悲惨は画像を見てください。

 

f:id:loser_s:20200101153936j:image

 

これは現在の私の将棋クエストの2分切れ負けのレートです。

去年の9月に七段に昇段したときは、最高2351もあったレートが今では2111です( ;∀;)

就活で全然将棋の勉強ができず、漠然と指していた結果です。

一局一局、一手一手に魂がこもっていませんでした。

そこで、性根を叩き直し棋力を取り戻すためお正月杯を開催したいと思います(*^^*)

どういう企画かと言いますと、私がレート2200を超えるまで指し続けるといった内容です(笑)

棋力を戻すのに指しまくること、自分を追い込むことはかなり有効だと考えます。

今日は久々に詰将棋をして、明日ばっこり対局します!!!

開催日時は1月2日木曜日の18時から始めたいと思います。

明日の18時からajiatjaが2分切れ負けで指し続けているので、是非一緒に対局または観戦してくれると嬉しいです(^^)/

絶対2200超えるぞぉぉぉぉぉ!!!!!

 

 

前回の次の一手の解答

それでは、次の一手のコーナーに参りたいと思います(^^)/

大変間が空いてしまったので、前回の問題の局面を貼っておきますね。

今一度考えてみてください(*^^*)

 

f:id:loser_s:20200101154021j:image

 ※対戦相手のユーザー名及びアイコンは見えないよう塗り潰しております。

 

それでは解答を発表いたします。

 

正解は3三歩です!

 

以下同角は、3一と、同玉、2三飛車成で先手勝勢。

以下同玉or4三玉は、2二飛車成で先手必勝です。(4三玉には2三飛車成もアリ)

 

いきなり3一と、同玉、2三飛車成でも悪くはないですが、3三歩を打つことは、ただただアドです。

細かいところかもしれませんが、5五角という好ポジションに角がいるのは怖いです。

やはり中終盤は、歩の使い方がミソです。

歩という最弱の駒で、最大限の利を得ることを常に意識しましょう(^^)v

 

 

 

今回の次の一手

さて、今回も楽しく次の一手を考えていきましょう(^^)/

いつも通り、私の将棋クエストからの出題となります。

下の画像の局面は後手が6四桂馬と打ってきた局面となっております。

6五銀と打って受けることはできますが、4七成桂くらいで厳しいです。

局面はやや不利なので、流れを変える思い切りの良い手でいきましょう!

 

f:id:loser_s:20200101154046j:image

※対戦相手のユーザー名及びアイコンは見えないよう塗り潰しております。

 

 

ヒントはよくある攻めの手筋です。

 

それでは、将棋クエストをやっている方は明日の18時に、

やっていない方は次回お会いしましょう(*^^)v

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。