loserの将棋blog

将棋専門ブログです。棋力向上を図ります。

【有段者必見!】高等テクニック①

死ねば助かるのに。

 

残酷な戦場で、ある一つの駒が、そう言い放った。

 

飛車「くぅ......角の言う通りだ。どうしてこの局面で受けなんだ。どうかしていた。俺が今いるのはどこだ?......戦場だ!!!リスクを負わずして勝利があるかよ。どうせ死ぬなら......強く前に出て、死ね!!!!!」

 

飛車「......バッチィィィ!!!」

 

その時、流れが変わった。

 

戦場に漂っている空気の流れ、その変化を駒達は見逃さない。

 

金将「始まるのか......地獄が。」

 

 

 

高等テクニック①

ご無沙汰しておりますm(__)m

約1か月半ぶりの投稿となってしまいました(;'∀')

転職に伴い引越やら手続やらで余裕がありませんでした( ;∀;)

4月から新しい職場ということで、今後どうなるかはわかりませんが1か月に1回は投稿できるよう頑張りたいと思います。

前回は”級位者と有段者の違い”ということで有段者へステップアップする節目の記事だったかと思いますので、今回からは有段者向きの内容となります。

今後は私の将棋クエストでの対局を使って、有段者なら抑えておきたい高等テクニックを紹介したいと思います。

(※対戦相手のユーザー名及びアイコンは見えないよう塗り潰しております。)

級位者の方も是非一緒に考え、時間を使えば指せるようになってください。

有段者の方は局面を見たら、すぐに思い浮かぶようにしましょう(^^)/

ちなみに、この高等テクニックは”⑦”まであります(笑)

 

高等テクニック①大駒の位置をズラす

下の局面は後手が8六角と歩を取り、次に6八角成を狙っている局面です。

ここで8三歩と自然に受けてしまうと、構わず6八角成とされて激痛です。

(同金は8七飛車成、同玉は5八金でいずれも後手勝勢)

正確な優劣はわかりませんが、この局面はかなりピンチです。

しかし、ピンチはチャンスです!!!

それでは、一体どうすればいいか一緒に考えてみましょう(#^.^#)

 

f:id:loser_s:20200317183208j:image

 

私が指したのは8三歩、同飛車、9七角です。

8三に飛車がいることにより、角交換の後、6一角という手が生まれています。

これが最善かはともかく、8三歩や8四歩と打って飛車の位置をズラすことは明らかなプラスです。

8三歩、同飛車、8四歩、同飛車で9七角もかなり有力です。

(同角、同桂馬の後、7五角を狙っています。)

8五まで引きつけてみるのも面白い!!!

 

次回は高等テクニック②と③を紹介いたしますのでお楽しみに(*'▽')

 

 

 

前回の次の一手の解答

それでは前回の次の一手の解答を発表したいと思いますが、その前に大分間隔が空いてしまったので今一度、前回の問題の局面を見てみましょう。

 

f:id:loser_s:20200317213451j:image

 

思い出していただけたでしょうか?

 

それでは解答ですが、候補手は以下の4つに絞られるかと思います。

 

①同飛車

②1一香成

③5五角

④4六角

 

まあ、次の一手として出題していることを考えれば、①同飛車ではないことは明らかですね(笑)

ひとつずつ見ていきましょう。

①同飛車は、一番自然な手ですが、2三歩と打たれて攻めが途切れてしまいます。しかも香車を取られてしまうので、4つの選択肢の中では一番良くないです。

②1一香成は、多くの人は同飛車の次に浮かぶ手かと思います。この手は同飛車よりかは有力ですが、2七歩と打たれると攻めの勢いが大分落ちてしまいます。

(同飛車、2三歩と進んだ時に4五角という手が生まれてしまうのと、飛車が活きない展開にされてしまう。)

③5五角ですが、これが正解です!(^^)!

飛車取りなので、何かしら受けるしかなく無条件に1一角成として馬を作れます。

ここでも2七歩という手は嫌ですが、②1一香成と違い2一の桂馬を取った時、金取りになっており、2七歩、同飛車、2三歩の時に2一馬と先手を取ることができます。

(飛車取りを7三銀として受けた場合、金に飛車の紐がついていますが、次の8三香車という手が厳しいです。)

シンプルに成香よりも馬の方が強いという話です(笑)

④4六角もかなりいい手ですが、意外と攻めあぐねる展開になってしまいます。

4六角、7三銀、2四角、5二玉と進んだ時に5一角成が決めてになればいいのですが、普通に同金、2一飛車成、4二金とされて大分有利だとは思いますが、角を2枚持たれてるので怖いです。

そこで5二玉には1一香成or4六角がベターかと思います。

 

それぞれ点数をつけてみると、

 

①同飛車   30点

②1一香成  50点

③5五角  100点

④4六角   90点

 

こんな感じですかね(;・∀・)

 

 

 

今回の次の一手

ではでは、長くなりましたが今回の次の一手を見ていきましょう。

私の将棋クエストの対局からの出題となります。

下の局面は後手が7八角と打ち込み、勝負に来たところです。

8八金と引いても悪くないですが、8七銀と打たれて相手の攻めが続いてしまいます。

 

f:id:loser_s:20200317183308j:image

 

 ヒント:攻撃は最大の防御なり

 

それでは今日はこのへんで(*^^)v

次は遅くともゴールデンウィークには投稿します(;・∀・)

おやすみ~

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。

 

【級位者必見!】級位者と有段者の違い

飛車「銀と桂馬を見捨てて俺が成り込むか、そうすれば攻めの目は作れる。......いや、これ以上の犠牲は払えない。もう無理はできない。ここは受けるしか......」

 

角行「死ねば助かるのに。」

 

飛車「うっ......!!!」

 

角行「......」

 

飛車「お前、まさかこの難解な戦況を読み切っているのか?」

 

角行「いや、全然。ただ、今、気配が死んでいた。背中に王を討ちとろうという強さがない。ただ助かろうとしている。攻められ続け、心が折れた駒が最後に陥る思考回路。アンタはただ、怯えている。」

 

飛車「なんだと......!!!」

 

 

 

級位者と有段者の違い

それでは本日も将棋を楽しんでいきましょう!!!

徐々にですが、更新頻度が上がっていますね(笑)

さてさて、私のブログを最初から読んでくださっている方は、たとえ読み始めた当初は初心者でもすでに有段者の力がついている頃かと思います。(圧倒的願望)

今まで当ブログでは初心者から高段者まで楽しめて勉強になるをコンセプトにしていましたが、次回以降からは少し内容のレベルを上げていきたいと考えています(*^^)v

そこで今回は、級位者と有段者の明確な違いを3つ挙げてみました。

「なかなか初段になれないよ~(>_<)」という方は以下のことを意識してみてください。

 

1.致命的なポカが少ない

正直、ポカはどんなに強くなってもしてしまうものですが、それでも二歩や駒の利きを見落として一瞬で勝負が終わってしまうような致命的なポカは初段くらいになると極端に少なくなります。これは、駒の利きを無意識レベルで感知できるようになるからだと思います。

では、どうすればポカを減らし有段者に近づけるかですが、これは対局や棋譜並べの数をこなすしかないと思います。また、早指しよりもじっくりと時間を使って指した方が良いかと思います。(そういう私は覚えたての頃から早指しばかりしていましたが(;'∀'))

 

2.歩の連打など高度な手筋を使えるようになる

割り内の銀垂れ歩などの手筋はおそらくすぐに指せるようになるかと思いますが、歩の連打ダンスの歩はなかなか指せるようになるまで時間がかかるかと思います。これらの手筋は読みが必要になってきますので、数手先まで読む癖がついてないと指せません。読む力がないと見えませんし、思いつくのに時間がかかってしまいます。

指せるようになるには時間を使った対局、詰将棋をこなすことで読みの力をつけるしかありません。高段者になると遠見の角控えの桂などさらに高度な手筋を使えるようになります。(ちなみに私の一番好きな手筋は遠見の角です(≧▽≦))

 

3.駒の損得に過剰にならず、捨てることができる

これは幾度となく話してきたことですが、駒の損得を恐れず、犠牲を払うことができなければ将棋は勝てません。長いこと対局をしていると駒達に情が移り、大事にしてしまいたくなる気持ちはわかりますが、勝つためには鬼に、悪魔になりましょう。ヘボ将棋玉より飛車を可愛がる終盤は駒の損得より速度という格言にもあるように将棋は、駒を捨てる度胸やタイミングが大切です。そのためには正確な読み、形勢判断(大局観)が必要となってきます。読みの力は詰将棋、大局観は棋譜並べや対局観戦で身につけましょう。大局観についてですが、身も蓋もない言い方をすると才能の部分も大きいかと思います。ただ、低段者に必要な形勢判断能力は訓練で会得できると私は考えています。大局観を磨くのに感想戦やソフトでの勉強ども有効かと思います。(私は将棋仲間がリアルにいないのと機械音痴なのでしたことがありませんが( ;∀;))

 

 

 

前回の次の一手の解答

さあ、今回も元気に次の一手のコーナーをやっていきましょう(^^)/

早速前回の解答を発表いたします!

かなり簡単だったかと思います(;'∀')

 

正解は、5六角です!

 

いわゆる攻防手というやつです(*'▽')

自陣の桂馬を守りつつ、3四の銀取りになっています。

銀取りを防ぐには4三銀と引くしかありませんが、3四歩が激痛です。

また、場合によっては9二銀8三銀9筋からの端歩攻めをすることもできる汎用性の高い角打ちとなっています。

何より自陣の桂馬を守っているのが大きいです。

正直、3一飛車と安易に攻め合っても勝てる局面ではありますが、桂香を持たれると怖いです。

何があるのかわからないのが将棋です。確実に勝ちましょう(*^-^*)

 

 

 

今回の次の一手

それでは今回の次の一手に参りましょう。

私の将棋クエストの対局からの出題となります。

下の局面は後手が2四銀と歩を取ってきた局面となっております。

色々な手が考えられる局面かと思いますが、一番有利になる手を模索してみましょう(#^.^#)

 

f:id:loser_s:20200201010045j:image

※対戦相手のユーザー名及びアイコンは見えないよう塗り潰しております。

 

ヒントは今回もナシです(笑)

 

 

それでは、またお互い強くなってお会いしましょう!(^^)!

おやすみ~(-。-)y-゜゜゜

 

※このページで使用されている画像は当ブログの投稿者が撮影したものであり、無断転載及び配布を固く禁止いたします。